$$$ SOLD $$$ 1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / バーガンディ!
$$$ASK$$$ 3180グラム



          

1964年製、鮮やかなバーガンディ・カラーの#6119テネシアンの入荷です。

完璧なバーガンディですが実はオーバー・スプレーもしくはリフィニッシュです、最近の作業ではなく10年以上は経っていると思われ、それなりに弾いていたようで傷や打痕といった使用傷がありヴィンテージらしい味になっています。

バインディングの上に乗っているクリア塗料の感じから見て、恐らく褪色したのが嫌でオリジナル・フィニッシュの上から加色したものではないかと思いますが、ある程度オリジナルの塗装を剥がしてから塗装している可能性も否定できませんが、ヴィンテージの質感を損なうことなく非常に薄いラッカー塗料で仕上げてあり、色味も全く不自然さを感じさせず、ヴィンテージのミント・コンディションで見られる美しく深みのあるバーガンディ・フィニッシュです。

塗装の艶感も非常にありますが、いやらしい光沢ではなく、当店が見てきたミント・コンディションのヴィンテージ・ギターと同等レベルの程よい光沢です、経験値の少ない人が見るとオリジナル・フィニッシュと判断してしまうかもしれない様なレベルです。

全体的に状態も良く、ネック・ジョイント、アングル共にしっかりとしていてロー・コードを一発鳴らすだけで深みと厚みが感じられるヴィンテージらしい箱鳴りをしています。

弦高も低く設定できており、ネックもほぼ真っ直ぐなので、ビビり、音詰まりは無く、トラスロッドにも余裕があります。

パーツはペグがロトマチック・タイプに交換されていた経緯があるようですが、現在はオリジナルではないもののグローバーのオープン・バックタイプに交換されています。

フレットはリフレットされているので、フレットのヤマ、指板コンディションも含めて非常に良好です。

ピックアップはシングル・コイルのハイロ―トロンですね、もちろんオリジナルです。

ピックガード、Gアロー・ノブ、ストレート・バー・ブリッジは一見ヴィンテージの様に見えますが、恐らくリプロもしくはリイシューのパーツだと思います。

Vカット・ビグスビーはヴィンテージのオリジナルです。

バインディング類はボディ外周部は全く問題なし、ネックの両サイド・バインディングはグレッチとしては良くある程度にクラックがありますが細かくひび割れて崩落するようなレベルではなく、上からクリア・ラッカーで押さえられているので使用に当たっては全く問題は無いと思います。

アンプを通したサウンドもハイロ―トロンらしいシングル・コイルのエッジ感のあるカッコいいヴィンテージ・トーンです。

シングルコイルでありながら硬さをではなく厚みを感じられるというのがヴィンテージならではですよね。

ルックスも最高ですが、このギター生鳴りが抜群で、演奏性も非常に良好の使えるギターです。

是非触ってこの鳴りを体感して頂きたいお薦めの1本ですよ〜!