1956 ハーモニー カリビアン H1002 / リーフ・コーラル&ホワイト / プレイヤーズ・コンディション ※※※ 新入荷ファーストセール!予定販売価格:十五万八千円 / 期間限定大特価 ⇒
十三万八千円 1580グラム



      d   e   f 

ク〜っ!ヤバいっす、50年代のアコギにこんなデザインがあったんですね〜!

「ハーモニー」ブランドの小型な所謂パーラー・ギター「カリビアン」です。

手元にある1956年の「ハーモニー」社のカタログに「ステラ」ブランドと共に「ホリデイ・コロラマ・カラー」シリーズとして掲載されています。

便宜上手元のカタログ資料がドンズバ・スペックなので1956年製という事にさせて頂きますが、調べたところでは生産年は1955年ー1958年となっていて正確な年式の確定は出来ません。

ボディ内スタンプは「H1073」とありますが、カタログによると「H1002」で、フィニッシュ・カラーの名称は「リーフ・コーラル&ホワイト」とあります。

お洒落で鮮やかな2トーンカラーもさることながら、目を引くのはアルミ板をアコギの命であるトップ板にネジ留めしてしまうという!

カタログ上ではこのクローム調の金属板を「ハーモメタル」と命名し、ウリにしているわけですよ、斬新です!

理由は「だってこの方がカッコイイと思ったんだもん!」というところでしょうかね、潔すぎます。

確かにサウンド設計を突き詰めたようなギターではありませんからね、カッコいいし。

当時、この手の50sデザインのお洒落な小型ギターを「ハーモニー」と「ステラ」の2ブランドで各6色づつ計12色展開していたようです。

そのパーラー・ギターの12本を含め、アーチトップ・モデルや、ソリッド・ボディ・モデルなどでビビッドなカラー・フィニッシュ・シリーズを「コロラマ・ギターズ」と銘打ち展開していたようです。

ナチュラル・フィニッシュか、サンバースト・フィニッシュ、シースルー・ブラウン・フィニッシュがほとんどのこの時代に於いて、これはかなり強烈です。

パーラー・ギターというと小型で見た目だけのお遊び用のいい加減な造りだろうと思われるでしょうが、、、まさにその通りです。

当店も昔は全く見向きもしていませんでした、ところが現地で久し振りに見かけて気まぐれで触ってみたところサウンドはバッチリ乾いたヴィンテージ・トーンだったんですね、おおぉっ!と。

どうせ、しょうもないサウンドだろうと思っていたのでコレには驚きましたね。

木材はボディ、ネック、指板全て「バーチ材」です、ローズやら、マホガニーやら、メイプルやら、スプルース、そんなお馴染みの材は一切使用していません、ローコスト・モデルですから当然です。

ただ弦長スケールが24 1/4インチ・スケールということで意外にちゃんとしているんですよ。

ギブソンのレスポール等の24 3/4インチ・スケールの所謂ミディアム・スケールよりは若干短く、フェンダー・ジャガー等の24インチのショート・スケールよりも若干長めということでテンション感はバッチしなんです。

決してリッケンバッカーのジョン・レノンモデルの様にルーズになりがちなチューニングを安定させるために太めのゲージを張る必要がある、といったことはありません。

ライトゲージでバッチしです。

グリップ・シェイプは太めのトライアングル・シェイプですが、極太というほどでもなく特にローコードは非常に弾き易く快適です。

そもそもが12フレット・ジョイントのモデルなのでハイ・ポジションをガンガン弾くようなギターではないのですが、ロー・コードを鳴らした時の現代のギターには無い乾いた響きは絶品なワケです。

サウンド・ホール位置よりもややブリッジ寄りの位置でストロークをするとより力強いトーンを堪能できます。

この手のパーラー・ギター、やはり基本的にはラップスチール・ギター並みに弦高が死ぬほど高く、ネックがスキーのジャンプ台の如く反っていたり、指板修正不可能な程捻じれていたり、指板が剥がれていたり、ネック・ジョイントが外れていたり、ボディ内部のブレーシングが剥がれていたり、ボディにクラックが入っていたり、トップ板がたわんで歪んでいたり、、、そんなの当たり前です、驚きもしません。

だから今まで手を出さなかったのですが、ただアタリの奴はめちゃくちゃ良いヴィンテージ・サウンドであることに気が付いてしまい、元々の鳴りが良くて手を加えて調整できるコンディションのモノを厳選して仕入れ、当店で納得できるプレイアビリティとトーンになるまで追い込んでの販売です。

今回のギターもオリジナル性を損なわない程度に、諸々必要と思われる作業をリペアの方でかなり時間をかけて様子を見ながら施してもらいました。

アメリカで見つけて持ってきただけという吊るしの状態ではありません。

「枯れた良いヴィンテージ・トーン」で、「心地良く弾けるギター」に仕上げてあります。

この手のギターを知ってる人からすればあまり乗り気にならないかもしれませんが、是非触ってみて判断してください。

パーツ類はオープン・バック・ギヤの3連ペグ、テイルピース、ブラス・フレットも含めてオリジナルだと思います。

ブリッジのみこのギターのデザインに合わせて作ったようでオリジナルではありませんがルックス的にハマっているので、このまま生かして販売します。

ネック・ジョイントも問題なく、ネックも真っ直ぐで、フレットの減りもさほどなく、ビリつき音詰まりありません(3弦の14フレットのみちょっとあやしいですが)。

弦高は12フレット位置のフレット上面から弦の下面までで1弦側約1.7mm、6弦側約2.0mmです。

ボディ・トップに1箇所、ボディ・バックに3箇所、そして裏板のエンド部分剥がれ気味の痕跡がありますが、すでに接着剤が流し込まれており動かしようがありません。

ただし、弾いてみると分かりますが箱鳴りには影響がないと思われます、元々がそれほどデリケートなサウンド設計ではないので。

かなり弾き込まれたプレイヤーズ・コンディションながらその生鳴りに惚れ込んで引っ張ってきちゃいました。

こう見えて、ロー・コードを鳴らした時のサウンドの余韻は中々に深みがあるんですよ。

このルックスで、このサウンドですからね、結構感動モノですよ。

何だこれ!と気になったら是非、試しに来てくださいね。