$$$ HOLD $$$ 1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ディープ・ボディ 
$$$ASK$$$ 3420グラム



          

ディープ・ボディの59年製#6120です!

ボディはオリジナル・フィニッシュでかなりの極上コンディションですが、ネック・ジョイント・リペアが施され、ネックからヘッドまでバインディング交換とリフィニッシュされている為、かなりのお買い得です!!

ピックアップはP.A.F.フィルタートロンンで、ボディ内部にはライト・タイプのトレッスル・ブレーシングが組み込まれているので完全にストレイ・キャッツ・モデルです。

ビグスビーも元々Vカット仕様だったものをストレイ・キャッツを目指してヴィンテージ・ビグスビーのオリジナル・デザインタイプに載せ替えられています。

ボディ内部の配線はセッツァー・ホットロッドを真似て「PU」→「PUセレクター」→「マスター・ヴォリューム」→「アウトプット・ジャック」というシンプルな配線に改造をされて、各PUヴォリューム、トーン・セレクターは配線を省略されてダミーのままマウントされています。

もちろんピックアップの巻き直しなどはされていないのですが、途中のセレクター、ポットをショート・カットすることでP.A.F.フィルタートロン・ピックアップのトーンが元気になっているような感じがします。

ネック・ジョイント・リペアはヒビ割れの跡などは見受けられませんが、留めボルトを隠すオリジナルの大きな黒ドットが一回り大きなサイズになっています。

恐らくネック・アングルの修正か何かでネックを取り外した時に苦労したのでしょうか。

ヘッドがリフィニッシュされている理由はゼロ・フレットを取り外してナットを取り付けた為、後ろのスペース部分のヘッドピースを埋めた際の色合わせとして、ネックと同時に行っているようです。

ペグもマット・シルバー仕上げのシュパーゼル・ロック・ペグが搭載され、完全にセッツァー仕様です。

ネック・アングルは修正され、リフレットもされているので演奏性は抜群です。

更にトレッスル・ブレースで59年らしいガツン!とした箱鳴りが最高です!

ガンガンに弾き倒せる59年の#6120、これはお買い得ですよ〜!!