次回予告!!
1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス テネシアン
$$$ASK$$$ 3240グラム



          

64年製、上物のテネシアンが入荷です!

丸型ボタン・ペグ、ヘッド・プレート無し、ブラス製の太型ストレート・バー・ブリッジ、ホワイト・ラインのfホールというベスト・スペックです。

塗装状態は艶もあり、ウェザー・チェックも極少で、非常に良好です。

ボディ・トップのカラーは普段当店が取扱いに力を入れているコレクター・ルートのクオリティと比べるとやや抜け気味ですが、ボディ・サイド、バックの色味はしっかりと残っているので、ハード・ケースの蓋を開けた状態で普段保管されていた時期が長かったのでしょうか。

一番心配なバインディングは、ボディ、ネック共に完璧です。(カッタウェイ内側のジョイント部のバインディングのみ軽度の劣化が見られます。)

ネック・ジョイントは非常にタイトで、ネック・アングルも良好なので今後も安心して使用できます。

ネックもほぼストレートで、オリジナルと思われるフレットの減りも少な目で音詰まりやビビりもなく、演奏性も非常に快適です。

ネック裏には演奏による通常程度の塗装すれが見られます。

ピック・ガードには大きなクラックが入り接着された跡が見られますが、間違いなくヴィンテージのオリジナル・パーツです。

ネック・アングルがしっかりしており、ブリッジ高も必要十分なので箱をしっかりと鳴らすことができています。

ローコードを鳴らした時の箱とネックが一体となって震えるような、ホロー・ボディでありながらソリッドさを感じさせる重みのある独特のバイブレーションはエレクトロトーン・ボディのヴィンテージのテネシアンならではのものです。

アンプを通したサウンドもシングル・コイルのハイロー・トロンPUのキャラクターが生きたシャープでエッジの多々トーンが特徴で、箱の生鳴りからはちょっと想像がつかない元気でやんちゃな感じですね。

ギブソン風のルックスだけどトーンはフェンダー、的な。

まぁ、それがグレッチのキャラクターなんですけどね。

とにかく、なんと言ってもかっこいいですよね〜、テネシアン!

コンディションが悪くても良ければ安いものは探せばまだ出てくるのですが、今回の様にしっかりとしたコンディションのものはアメリカでも出物が激減し、相場も上がってきている中で、円安も進行が止まらないので、今後これ以上高くなってしまう流れは避けられそうにありません。

是非この機会に!