1957 グレッチ #6120 チェット・アトキンス ホロー・ボディ
七十四万三千円 3180グラム



          

57年製、ダイナソニック・ピックアップ&ハンプトップ・インレイ仕様の#6120です。
デュアン・エディですね!

フレットはヴィンテージ・サイズでリフレットされていますが、ウエスタン・オレンジ・フィニッシュがかなり鮮やかな塗装状態の良いニアミント・コンディションです。

Gブランドも、ウエスタン・インレイも無い最もシンプルなスペックの#6120ですが、サウンドはカラッと乾いて、野太く、キレのある、ダイナソニック・ピックアップ時代の黄金期のサウンドそのままです。

ボディ内部はトレッスル・ブレースなどと呼ばれるサウンド・ポストが入っていない、完全なフルアコ構造なので生鳴りもフィルタートロン期のモデルと比べると大きく、豊かなトーンです。

ただあくまでも、アンプを通したサウンドというのは当然ピックアップを経由して変換されたトーンなので、ダイナソニック特有の「ボディブローを食らう様な野太いローと、ガラスの様な透明感のある強烈なハイの抜け」がこのギターのサウンドの個性です。

フレット以外のパーツは全てオリジナルです。

このスペックの#6120は探せばまだ見つかると思いますが、ここまで状態の良い個体はそう簡単に巡り会えないはずです。

お買い得な極上ダイナソニック・サウンドをお探しの方にはお勧めです。