1957 グレッチ #6120 チェット・アトキンス ホロー・ボディ
六十九万八千円 3260グラム



          

57年製、ダイナソニックPUの#6120です。

G-ブランドが無くなって、ハンプ・トップにホースシュー・ヘッドというシンプルなデザインです。

前年までの派手なチャームポイントが無くなる事で正直人気としては少し落ちるのですが、ボディ構造やハードウェアー類のスペックは変わらないので、それまでと全く同じ黄金のダイナソニック・サウンドです(当然個体差によるサウンドの違いはあります)。

このギターはこの年代にしては珍しくボディトップにうっすらとトラ目が出ています。
グローバーペグに交換され、ヴィンテージサイズでリフレットされています。

深胴のフルアコのボディ内部構造、アルミブリッジサドル、ダイナソ
ニックPUといったこの時期特有のスペックにより、外見通りのカントリーやピュア・ロカビリーの様な50sらしいカラッとしたドライなサウンドが魅力です。

かといってカリカリでトレブリーなトーンという訳ではなくヴィンテージのダイナソニックPUならではの低音の太さがリイシューモデルが到底及ぶことの出来ないサウンドの厚みを産み出す大きなカギになっています。

現状のままでも使用できますが、よりベストなセッティングでプレイ出来るようにする為に一部修整をお勧めしたい箇所があります。

その為、ヴィンテージの#6120としてはあり得ない位の大特価となっています、より詳細なコンディションについてはお電話(03−3463−1959)でお問い合わせ下さい。