1959 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / プレイヤーズ・コンディション
(税込み)五十五万円 3040グラム



          

リーズナブルな1PUテネシアンの入荷です。

塗装状態は色艶も非常に良くニアミント・コンディションです。

このギターはバインディング・トラブルも一切ありません

パーツ類はフレットを始め、オープンバック・ペグ、トラスロッド・カバー、PAFフィルタートロンPU、ピックアップ・リング、ストレートバー・ブリッジ、Gアローノブ、スイッチ・チップ、VカットB6ビグスビー、ブラック・ピックガード、ストラップピン、全てオリジナルです。

ピックガードの留めネジ周辺にお決まりのクラックはありますが、金属パーツ類はピッカピカでこのギターの状態の良さを表しています。

これだけコンディションの良いギターですが、ネックにリセット歴がある為にかなりお買い得になっています。

ネックヒール部にあるネックジョイント・ボルトのプラグをやり直した跡が見られるのでリセットは間違いありませんが、木部クラック等の修復歴は見当たりません。

ネック裏は比較的珍しいダブルライン仕様、ボディ厚は2 1/2インチのミディアム・ボディ、ボディ内部にはトレッスル・ブレーシングが組み込まれています。

ネックアングルも良好なのでブリッジ高も十分で弦テンションがしっかりと稼がれ箱も良くなっています。

弦高も低めにセットした状態で問題なく演奏性も良好です。

ピックアップが1つしかない事、ノブやスイッチが#6120と較べて少ないわけですがそれだけでも十分に軽量化され、箱鳴りもよりアコースティック感が増しています。

アンプを通したサウンドは1PUながら、フィルタートロンらしいキレと厚みのあるトーンで完全に黄金期のグレッチ・サウンドです。

こればかりは絶対にヴィンテージでないと出せない部分ですね。

人気の1PU時代のテネシアンですが近年は大分高くなってきてしまいましたね。

このモデルは今後まだ高くなって手に入れるのが今以上により難しくなってゆくと思います。

今回はネック・リセット歴がある為かなりお買い得なプライスです。

これはチャンスですよ〜。