1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / チェリーレッド・オーバースプレー
(税込み)四十三万円 3180グラム



          

お買い得な64年製テネシアンが入荷しました。

オリジナル塗装の上にラッカーで色を加えてチェリー・レッド感を増色したオーバースプレー物です。

ネック・ジョイントもリセットされているようですが、あまりネック・アングルは良くなく、ローからミドルのフレット・ポジションでの演奏性は良好なのですがブリッジを下げてもハイポジションの弦高は12フレット上で1弦側2.0mm、6弦側で2.5mmといったところで高めです。

現状のセッティングでビビり、音詰まりはありません。

ロー・コードを鳴らした時の箱鳴りはしっかりとヴィンテージらしい乾いて深みのあるうねりのある振動なので弾いていて気持ち良くなれるギターです。

アンプを通した時のサウンドは黄金期のヴィンテージ・グレッチならではのキレのあるトーンで、箱モノながらシングル・コイルPUらしいエッジ感が最高です。

ヴィンテージの場合はシングル・コイルといえどもサウンドの輪郭にイヤな硬さが無く、輪郭がクッキリしていながらも音が太い、というのが最高なんですよね。

ボディ・バインディングは貼り直しもされていないオリジナルの様ですが、クラックも無くほぼ完ぺきな状態です。

ネック・バインディングはクラックがありますが、欠け落ちるような状態ではなくひび割れの部分にはタッチアップ処理済なので使用には問題ありません。

フレットは一般的なレスポールくらいのサイズでリフレット済みです。

パーツ類はペグ、Gアローノブ、スイッチ・チップ、ストラップ・ボタン、ストレートバー・ブリッジ、ピックガードがリイシュー系のパーツに交換されています。

ハイロ―トロンPUとVカットのB6ビグスビーはヴィンテージのオリジナル・パーツのままです。

今回のテネシアンはフル・オリジナルでヴィンテージ的な価値の高いコレクションとして求める方にはお勧めできませんが、オリジナルの塗装ではここまでチェリー・レッド感が残っているものは無いので、このルックスのイメージで探している方には今回のギターはお買い得なので狙い目だと思います。

テネシアンでお買い得な物を探そうと思えば色が抜けて黄土色になっていたりバインディングがボロボロな状態であれば見つかると思います。

今回のテネシアン、この色味で、ある程度使える状態というのがウリだと思います。

お店に足を運んで現物を試奏して頂ければこのギターのオイシサが分かると思いますよ〜。

ご来店お待ちしています。