1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ディープ・ボディ / ミント・コンディション !
二百六十八万円 3520グラム



          

ディープ・ボディの59年製グレッチ#6120がミント・コンディションで入荷し
ました!

ブラック・トリムの極上コンディションのカウボーイ・ケース付です!

ストレイ・キャッツですね〜。

実際ブライアン・セッツァーが所有しているあのギターのシリアル「#33042」
から僅か20番違いです!

ブライアン・セッツァーのモノは恐らくビグスビーがオリジナルから付け替えられて
いるのではないかと推測されるのですが、その部分を除けば完全に同じスペックで
す。

指板エンドからフロント・ピックアップまでの距離感もセッツァーさんのモノにそっ
くりですし、2つのセレクター・スイッチの取付位置と傾きの角度、マスター・ヴォ
リュームの取り付け位置、ヘッド・ストックのシェイプや、ヘッド・フェイスのブラ
ウンがやや濃い目なところまで同じですね。

このシリアルの近さから見て、恐らく59年当時、グレッチ・ファクトリーに於いて
同じロットで製作されており、出荷前検査の棚では一緒に並べられて、ファクトリー
の品質管理責任者であったダン・ダフィー氏の最終検品を待っていたんでしょうね
〜。

想像するだけでワクワクしませんか?

ブライアン・セッツァーのあのギターと一緒に作られたんですよ。

夢がありますよね〜。

今回のギターは状態も素晴らしく、ミント・コンディションと言って良いでしょう。

ボディ内部構造は勿論ブライアン・セッツァーと同じ、ライト・タイプのトレッスル
(橋架型)・ブレーシングです。

オリジナルのままのVカット・ビグスビーと、ストレート・バー・ブリッジを除けば
全てセッツァーの初代メイン・ギター「ストレイ・キャット」と同じ仕様で、勿論フ
ィルタートロンのカバーも「PAT. APPLIED FOR」刻印です。

ピックアップ・カバーのゴールドの残り具合を見てください。

あぁ、やっぱりオリジナルはゴールド・パーツだったんだな、というのがハッキリと
分かります。

これがコンディションの良さの証明の一つですね。

塗装は流石のミント・コンディションで、ウェザーチェックやバックル傷も無く、色
抜けも無い鮮やかなオレンジ・フィニッシュで表面の光沢に艶があります。
もうピッカピカですよ〜!

ネックジョイントは非常にタイトでしっかりとしており、ネック・アングルも問題あ
りません。

これによりブリッジも正しい高さにありビグスビー・ユニットの弦の出位置との間に
必要な角度差が確保されることにより箱をしっかりと鳴らせるだけの弦テンションが
確保されています。

それによって指板上の弦高も非常に低くセット出来、尚且つビビり、音詰まり無く快
適に弾けるという素晴らしいコンディションです。

もちろんネックは真っ直ぐで、トラスロッドの効きには余裕があります。

フレットはオリジナルのままですが、さほど弾かれた形跡もないギターなのであまり
フレットの減りも無く十分な高さが残っています。

生の箱鳴りはバッチリで、さすがディープ・ボディ!と感動してしまいます、ローコ
ードを鳴らした時に耳に聞こえる音だけでなく、手の平や身体に感じるうねりの伝わ
り方が深いです。

アンプを通した時のサウンドも、ピックアップが活きているというか、元気があって
尚且つヴィンテージならではの暖かみのあるトーンでコードをジャ〜ン!とひと鳴ら
ししただけで感動出来ます。

いやぁ〜、今回のギター、最高ですよ!

もし80年代前半の第一期ストレイ・キャッツのサウンドを目指すのであればブリッ
ジのみ、スペースコントロール・ブリッジに乗せ換えるのがお勧めです。

サウンドの重さは減りますが、軽さというか広がり感が増える、そんな印象です。

ディープ・ボディ憧れでしたよね〜、昔は当たり前の様によく見た気がするんですけ
どね、、、近年見かけなくなりましたね。

元々生産数はさほど多くないので、欲しい人の手に一通り行き渡ってしまうと、、、
今作られているものではないので、数は増えないですからね。

しかも手にしている人は手放してくれないわけですよ、元々好きで手に入れている
し、もう買い直すのが難しいのは分かってますからね。

ましてやこんな状態の良いモノほど手放したがらないわけですよ、中々。

海外のコレクターを当たっても、持ってる人はいますが、売ってくれる人って今はい
ないんですよ。

状態の良いモノとそうでないもの、市場に出てくる率も、そして価値も違います。

今回のギターは売り物として、出てきただけで本当にラッキーなんですよ。

このクラスのコンディションはもう出てこないので値段を引いて売るようなものでは
ないんですけれどね、でも新入荷のご案内という事で特別に、、、気持ちです、最初
だけですよ。

ローン、下取りも歓迎ですからね〜。