1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ミディアム・ボディ
二百三十八万円 3460グラム



          

ミディアム・ボディ、プレーン・トップの59年モデルが入荷しました!

所謂ダーティー・ブギー・モデルですね。

実際ブライアン・セッツァーの3代目メイン・ギターとシリアル番号は約40番違いで、塗装の色味も鮮やかなオレンジながら3代目のニックネーム“スモーキー”にかなり近い若干くすんだ雰囲気で、ボディ・サイドのトラ杢の感じもとてもよく似ています。

塗装状態も非常に良く、修理歴は勿論、大きな打痕、傷も無く、ウェザーチェックも光のかざし具合で良く見ないと分からない程度の極軽度のもので、ネック裏の塗装もバインディングの際部分が薄っすらと擦れている程度で、全体的な塗装艶も美しく、ニア・ミントコンディションと呼べる極上クオリティです。

グレッチにありがちなバインディング・トラブルもほぼなく、唯一カッタウェイ内側のネック・ジョイント部分のバインディングのみ劣化が表れてしまっていますが、それ以外のバインディングはボディ、ネックともに全く問題なく完璧な状態です。

パーツ類もペグ、フレットまで含めてフル・オリジナルで、唯一ピックガードのフェルトが取れてしまった部分の再接着に於いて接着剤の選択が適切でなかったようで、塗装に跡が残ってしまっているのが残念ですが、ありがちなピックガードのクラックについても一つも見られないという素晴らしいコンディションです。

金属パーツのゴールド・メッキは大分落ちていますがパーツ類の光沢感は艶があり、このギターの状態の良さを証明しています。

フィルター・トロン・ピックアップのカヴァー刻印は“PAT APPLIED FOR”の所謂P.A.F.カヴァー仕様で、ベゼル・リングの留めネジはマイナス・ヘッド・タイプです。

ネック・ジョイントは非常にしっかりとしており、強度的な心配は見受けられません。

ネック・アングルも十分にあるので、ブリッジ高もしっかりと確保されている為、ビグスビー・ユニットとの角度差が付いていて、弦のテンションもしっかりと掛かり、尚且つ弦高も低くフレット上のビリ付きも無いという理想的な状態です。

理想的なネック・アングルの為、箱鳴りもバッチリ!楽器として非常に素晴らしい震え方です。

特にロー・コードを鳴らした時の、グリップを握り込んだ左の掌や、ボディを抱え込んだ右肘、ボディ裏が押し付けられた腹部へと伝わってくる楽器の深〜い振動は「アタリ!」のヴィンテージ・ギターに共通のもので感動的ですらあります。

やはりボディ内部に組み込まれているライト・ブレーシングの効果が非常に大きいように思います、これにより明らかにサウンドの芯が太くなってきますからね〜。

アンプを通したサウンドは、ヴィンテージのフィルター・トロンならではのリッチな厚みとキレの共存した黄金期のグレッチ・トーンで、まさにセッツァー・サウンドです。

アンプは必ずしもベースマンである必要はないですが、やはりヴィンテージのフェンダーのアンプとの相性が非常に良いように思いますね。

本当にこのクラスのコンディションの59年、60年製の#6120は中々出てこなくなってきてしまいました。

コレクターズ・コンディションというものに限らず、ちゃんとしたモノというのは大分値段も高くなっています、まずはそんな出物がないだけに探すのがとても難しいですね。

今なら何本か揃っている中から弾き較べてお好みの一本を選ぶことができます!

是非、是非、遊びに来てください〜。