1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / フレーム・トップ !
二百二十万円 3300グラム



          

またまた入荷のフレーム・トップ!

59年製の#6120です。

写真を見て分かる通りかなり塗装状態の良い一本です。

濃い目のウエスタン・オレンジ・フィニッシュがそそられますよね〜。

透明感と艶のある美しい塗面の下にうねるカーリー・メイプルの杢目がたまりません。

深みがあるんですよ、角度で全然表情が変わるんですよ〜。

もう、好きな人ならこれを眺めてお酒を飲めちゃうぐらいですよ、ホント!

ボディ裏もバックル傷はなく、ボディ・トップと同じように深〜いトラ目がびっしりと出ています。

ネック裏は珍しいダブルライン仕様ですね、何の意味があってこのデザインが採用されるのかは不明ですが、カッコいいのは間違いないですね。

フレットはヴィンテージサイズで打ち替え済みで、現状ビビリや音詰まりはありません。

それ以外のパーツはペグも含めて全てオリジナルです。

PAF刻印のフィルタートロンPUカバーや、Gアロー・ノブにも薄っすらとゴールド・メッキが残っている状態なので、大切に使われてきたギターなのでしょうね。

ゴールド・フィニッシュのチェット・アトキンス・ピックガードは残念ながらクラックの補修跡がありますが、比較的目立ちにくい傷跡で、使用上の強度は全く問題ありません。

ネック・ジョイントは非常に綺麗な状態でで分かりづらいのですが、恐らくリセットされているのではないかと推測します。

当然正しいネック・アングルにあり、ブリッジ・ポジションも高く、弦テンションがしっかりと掛かっていて、尚且つ弦高が低く演奏しやすいという、理想的な状態です。

軽〜く爪弾いただけでスパーンと鳴ってくれるレスポンスの良さがこのギターの特徴ですね、鳴ってます。

単なる箱鳴りではなく、ボディ内部に組み込まれているトレッスル・ブレースがトーンの太さと、サウンドのキレを生み出しています。

アンプを通すと生鳴り以上に箱の暖かみが感じられて、サウンドのふくよかさに圧倒されます、サウンドが厚いっていうんですかね〜。

このギターを抱えて弾いていると、見る度にフレーム・トップが表情を変えてギラつくんです、やっぱ最高ですよ〜!!

ヤバイ!ってヤツですね、う〜ん、、、。

ネック・リセットの疑いがあったので、このグレードの59年製フレーム・トップ#6120としては安く入手できましたけど、それが無かったら確実に300万越えのタイガー・フレームですよ。

塗装の艶、濃さ、杢目の深さ、そしてサウンド、ホント素晴らしい一本です。