1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ミント !
二百四十八万円 3360グラム



          

久々にコレクター・ルートから入手の極上ミント・コンディションの59年製#61
20 チェット・アトキンス・ホローボディです。

綺麗でしょ〜、59年ならではのちょっと薄めの所謂ウエスタン・オレンジですね、
当時のままの鮮やかなカラーです、厚みはミディアム・ボディです。

コレクター・ルートなので、パーツがフル・オリジナルなのは言うまでもありません
が、フレットがほとんど減ってないどころか、P.A.F.刻印のPUカバーや、ペ
グ、ノブのゴールド・メッキまでもがかなりしっかりと残っているという極上品で
す。

ピックガードのクラックもネジ部に約3ミリの薄〜い一本線、これだけです、よ〜く
見ないと分からないレベルです。

クローム・メッキ仕上げののストレート・バー・ブリッジとアルミ・ポリッシュ仕上
げのビグスビーもピッカピカですよ!もう新品レベルです。

ネック・ジョイントの方もばっちりで、ネック・アングル、ブリッジ高さ、共に良好
で、生鳴りの方もばっちりで、弦高も低く、ビビり、音詰まり無しです。

勿論ボディ内部はトレッスル・ブレース構造です、グレッチらしいキレのある箱鳴り
と芯のあるトーンが両立しています。

アンプを通したサウンドはもう59年当時の音ですよ!

もちろん当時の音を聞いたことはないですが、つまり、フィルタートロンPUがメチ
ャメチャ元気なんです、磁力が落ちてない感じなんですね。

活きがいいというか、もう何から何まで最高です!!!

コレクター・ルートだから当たり前、みたいに思われちゃうと困るんですが、今時こ
んな極上品は売り物として出てこないですからね〜、スゴイことなんですよ。

綺麗なんですよ〜、ツヤツヤしててとても良い感じなんです。

更に言ってしまうと、、、ネック裏、かっこいいダルブ・ライン・ネックですよ〜!

ダブル・ラインってなんか良いですよね〜。

しかも59年ですよ、ビッカビカですよ、鳴りバッチシですよ!

どうします〜?