1964 グレッチ #6117 キャッツ・アイ・カスタム / レッド
五十九万八千円 3200グラム



          

64年製の非常に珍しいキャッツ・アイ・カスタムです。

鮮やかなレッド・フィニッシュとキャッツ・アイ・サウンドホールがカッコいいですよね〜!

30年代のシンクロマチックのサウンドホール・デザインを60年代にエレクトリック・ギターに於いて復刻させたこの印象的なキャッツ・アイ・サウンドホールが特徴ですが、このモデルの詳細は実は公式なカタログ等では確認されていないというちょっとミステリアスなモデルです。

レッド・フィニシュとブラック・フィニッシュの2バージョンがあり、一説によると両方のカラー併せて限定200本のみ生産された、ということです。

モデル名も公式には発表されておらず通称「キャッツ・アイ・カスタム」と呼ばれており、限定モデルの為かモデル・ナンバーの割り当てもサンバーストのダブル・アニバーサリーのモノを流用してダブっているという不思議さです。

アニバーサリーの亜流モデルと解釈するには違いが多すぎて無理がありますよね〜、、、謎です。

キャッツアイ・サウンドホール以外の特徴は、まずマスター・ヴォリュームが無く、ギブソンの様な2ヴォリューム、2トーンのコントロール・レイアウト、これはグレッチとしては珍しいです。

そしてもう一つの大きな特徴はテネシアンよりもさらに薄胴な45mmというボディ厚です。

更に言うと薄胴ながらブレーシングの入っていないフルアコ構造なのが特徴で、f ホールよりも大き目のサウンドホールということもあり、クローズド・サウンドホールのテネシアンよりもはるかに大きな生鳴りです。

特にこのギターはネック・ジョイントもしっかりしており、アングルも良好で、ブリッジ高も十分で弦テンションがしっかりと掛かっているため、箱鳴りが最高です。

バカ鳴り!ですね。

生でコードを鳴らした時のジャキーン!がたまりません。

塗装状態も非常に綺麗で美しい上に、楽器として「大アタリ」の一本だと思いますよ!

パーツ類に関してはハッキリと残ったGプリント・ロゴが状態の良さを伺わせるハイロ―トロンPUと、ピカピカのPUカバー、クローム・メッキが眩しいGアロー・ノブとストレート・バー・ブリッジ、スペース・コントロール・ブリッジ、オープンバックの三角ペグ、そしてシルバー・ピックガード、と全てオリジナルです。

ビグスビーに関しては60年代のビンテージ物ですが、Gテイルピースのネジ跡が残っていたので後付けで交換されたもののようです。

ハカランダ指板に並ぶフレットはオリジナルのままですが高さは十分にあり、演奏上音詰まりやビビりなどは感じられません。

これ、カッコいい!と感じた人は是非試しに来てください、中々出会えるギターではありませんからね〜。

弾いてて気持ち良いギターです!!